インプラントと喫煙の関係

インプラントと喫煙

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

インプラント治療期間情報

HOME | SITEMAP

トップ » インプラントと喫煙の関係

新着情報

喫煙がインプラントに及ぼす影響

喫煙は、インプラント治療の際にさまざまなトラブルをおこします。例えば、歯肉を切開する際の傷の治りを悪くしたり、骨がくっつくのを妨げたり、歯肉の力を弱らせ、さらには埋め込んだ歯が抜け落ちてしまうという事態も引き起こすことがあります。治療が失敗する一番の原因が喫煙と言っても過言ではありません。タバコを吸う人の治療が失敗する確率は、タバコを吸わない方の失敗する確率に比べて3.7倍も高いという結果がでています。ですから、インプラント治療をお考えの方は、治療中はもちろんですが、生涯に渡って禁煙をすることをお勧めします。

喫煙できない治療について

インプラントは喫煙できません。治療期間の半年から一年は、飲酒もできません。守らないと、治療自体が失敗します。血の巡りが悪くなると、治療がうまくいかなくなるからです。喫煙や飲酒は回復を大幅に遅らせます。骨に金属の根を埋め込んでいるので、回復が早くないと治療自体が厳しくなります。インプラントはただの歯科治療ではないと思います。外科手術に近いものがあります。治療費が高額になるので、何回もというわけにはいきません。出来れば、一回で済ませたい治療です。治療を成功させるためにも、生活を変える必要があると思います。